1. HOME >
  2. 事業内容

事業内容

普及活動

  • 地籍調査の拡大推進を図るため、各都道府県、関係市町村に対し広報活動を実施しています。
  • 国土交通省主催の土地月間(10月)との連携行事として「地籍調査フォーラム」を開催しています。
  • 会員アンケート調査を実施し、その成果を国・自治体等への要請活動等に反映しています。

地籍調査技術に関する調査・研究

60年余にわたる会員の技術力を結集して地籍調査技術に関する調査・研究等を行っています。

【 技術開発・基準等作成への支援 】

  • GNSS等新技術に関する調査検討(平成26年度国交省)
  • 「地籍フォーマット2000作成」「チェッカープログラム」改良
  • 都市再生街区基本調査の技術基準案作成
  • 電子納品要領案・同要領のガイドラインの作成
  • 地籍測量に係る記載例の調査検討

【 調査・研究や技術交流 】

  • 作業規程・歩掛り等に関する調査検討
  • 新技術推進に関する協議会との技術交流
  • 地籍調査に係る検討会への委員派遣
  • 地籍問題研究会への参加

[地籍の匠・担い手育成プログラム]の推進

地籍調査に係る一定の実務経験を有する[測量士][測量士補]等を対象として認定試験を実施しています。

[地籍総合技術監理者]資格創設(H30年度)により、新たな資格制度[地籍の匠・担い手育成プログラム]が完成。

<2019年度試験実施概要等>

※有資格者数は平成31年2月1日現在の登録者  注:地籍調査担い手技術者には、地籍調査管理技術者補を含む。

継続教育(CPD)を通じた技術の研鑽と支援を図るため講習会・研修会を毎年開催しています。

①[地籍の匠・担い手講座]と[技術管理]等講習を一体的に実施。

<2019年度講習会・研修会実施概要>

※「技術管理」を修了していない[地籍調査管理技術者]を対象に認証試験を行います。

②国土調査実務講習会(東京)

  • 地籍調査事業課題について重点講習を実施。自治体関係者、会員技術者が参加。

③全国9地区の事業委員会において、地域の特性に即した講習会・研修会を随時開催。


図書の発行
  • 地籍測量及び地積測定における作業の記録及び成果の記載例(H29年度版)
  • 地籍調査ハンドブック(H23年度版)
  • 地籍フォーマット2000の手引き(H14年度版)
  • 地籍活用GISマニュアル(H14年度版)

地籍調査に関する相談

当協会は、地籍調査に関して次の様な御用命に[On-Demand]でお応えしています。
御用命の節は、本部事務局又は地区事業委員会まで気軽にご相談ください。
  • 地域自治体等の皆様からの講師派遣についての問合せ
  • 地籍調査作業規程準則等に係る技術基準や事業制度等についての照会(H29年度:官民合わせ297件) など

パンフレット/広報資料

【 「地籍の匠2019」 】

当協会の新パンフレットです。創立60周年記念行事として一般公募しました[地籍調査推進標語]ならびに[協会ロゴマーク]入選作品も紹介しています。様々な機会にご活用いただけると思います。

「地籍の匠2019」

【 地籍の匠・担い手育成プログラム 】

事業制度・技術革新の進展、現長期計画の中間見直し等、地籍調査を巡る実施環境が大きく変化するなか、従来の資格を再編し、[担い手の育成]と[新分野への対応]に向けた、3資格からなる新たな資格制度[地籍の匠・担い手育成プログラム]を開設しました。

pdf新たな資格制度の御案内

※上記の印刷物に関しては、協会事務局に若干の余部がございますので御入用の方はご相談ください。

【 地籍調査推進標語一般公募・協会ロゴマーク一般公募優秀作品 】

創立60周年記念事業として一般から公募した推進標語とロゴマークのうち優秀作品を掲載しております。

地籍調査推進標語優秀作品 協会ロゴマーク優秀作品

【 「地籍の匠」優秀技術者表彰会員公募優秀作品 】

創立60周年記念事業として当協会会員から公募した論文のうち「地籍の匠」優秀技術者表彰の優秀作品を掲載しております。

「地籍の匠」 会員公募優秀作品