1. HOME >
  2. 研修

研 修

研修・講習のご案内

■当協会は、地籍調査に携わる技術者・担当者の技術力向上等を目指して
3タイプの研修・講習を実施しています。

■参加された方には、テーマ・期間に応じてCPD単位が与えられます。
皆様のご参加をお待ちしています。


Ⅰ [地籍の匠]担い手講座・[技術管理]講習

  [地籍の匠]担い手講座 [技術管理]講習
一筆地調査研修 技術者実務研修
概  要  一筆地調査の外注化に対応し、地籍調査を適正かつ円滑に執行するため一筆地調査の技術の向上を図る。[H13年度~]  地籍調査技術の維持向上を図るため、新技術の動向、地籍調査作業規程準則の改定等の課題について研鑽を図る。[H13年度~]  10条2項委託に対応するため、現「地籍調査管理技術者」資格保有者を対象として、工程管理・検査・認証等に関する講習を実施、試験認証を行う。
開催時期 6月初旬~7月下旬他 5月下旬~7月下旬他 5月下旬~7月下旬他
研修期間 1日 1日 1日
開催地 大阪、福岡、東京、名古屋、高松 札幌、大阪、福岡、東京、名古屋、高松 札幌、大阪、福岡、東京、名古屋、高松
研修内容 (H29年度のテーマ)
・不動産登記法
・国土調査法
・一筆地調査概論
・一筆地調査の手引きの解説
(H29年度のテーマ)
・ネットワーク型RTK法による単点観測法マニュアル(解説)
・技術管理
・地籍整備の推進に向けた国土交通省の主な取組みについて
・地籍測量の効率化に向けたマニュアルの策定について
(H29年度のテーマ)
・技術管理総論(工程管理及び検査総論・認証)
・一筆地調査の工程管理及び検査
・地籍測量の工程管理及び検査
・認証試験
CPD 5ポイント 5ポイント 4ポイント
受講可能者数 平成29年度:約600名
[H26年度から非会員参加を実施]
平成29年度:約670名
[H27年度から非会員参加を実施]
平成29年度:約670名

Ⅱ 国土調査実務講習会 (実施済)

概  要  地籍調査事業の円滑な推進を図るため、官民一体となって調査手法及び
技術の向上を目的として実施する。[H元年度~]

[(公社)全国国土調査協会と共催 ]

開催時期 2月10日
研修期間 1日
開催地 東京都
研修内容 (H28年度のテーマ)
・地籍調査の最近の動向について
・地籍調査作業規程準則、同運用基準の一部改正等について
・山村部における地籍調査 ― 筆界案活用法 ―
・地籍調査事業の積算基準について
・国土地理院の災害対応と測量新技術
・東京大学大学院工学系研究科 清水 英範教授による講演
   演題:「地籍調査の課題-市町村へのメッセージ」
CPD 5ポイント
参加者数 平成28年度:約552名
自治体担当者:約411名
当協会会員等:約141名